Posts Tagged ‘車’

車をぶつけてしまった時は

事故を起こしてボディが凹んでしまったり大きな傷が付いてしまった時は板金塗装を行っている自動車屋に持ち込んで修理をしてしまうようにしましょう。運転に支障がないという事でそのまま走行している方をよく見かけますが、放っておくと見栄えが悪くなるだけでなく傷が付きコーティングが剥がれた場所は錆を発生させるのであまりお勧めは出来ません。擦り傷の場合は深くまで傷が入っていなければタッチペンなどで修復する事が出来ますが、内部まで深く入ってしまった場合はお店へ持ち込むようにしましょう。
大きく凹みが発生した部分については板金によって叩くよりも交換してしまった方が安くなり場合があります。事故によって凹んでしまいやすいバンパーやドアなどのパーツを丸ごと交換して、ボディの色に合わせて塗装し直すという方法です。パーツの入手は解体屋を廻るという方法がありますが、手間と時間がかかり割りにパーツが見つからないといった結果もあり得ますので、ネットオークションを活用をお勧めします。車名や型番で検索するとかなりの確率でヒットしますので、大きな凹みがあるパーツについては是非オークションを活用してみてください。私がお世話になっている自動車屋さんも難しい修理については丸ごと交換を推奨しているそうで、費用についてもそちらの方が安く抑える事が出来るそうです。車はどうしても擦ってしまったりぶつけてしまう物ですので、しっかり補修して長く車を維持出来るように努めましょう。

車の走行距離が10万キロ近い場合の査定額とは

乗っていた自動車を売却する際に、一番気になるのが査定額ではないでしょうか。
自分の車にどれくらいの価値があるのか分からない人も多いと思います。
より高値で買い取ってもらえる条件とは、一体どのようなものなのでしょうか。
自動車を売る方法は、ディーラーなどに下取りしてもらうか、買取業者に売却するかのどちらかです。
そのどちらにしても、査定額を左右する大きなポイントとなるのが走行距離です。
自動車は一般的に走行距離が10万キロ近くになると、乗り換える時期だといわれています。
ですが最近の自動車は性能が良く、たとえ10万キロ以上走っていても、問題ないと感じる人もいると思います。
しかし10万キロ近く走った自動車を高値で買い取ったところで、次の乗り手がなかなか見つからないのが現状でしょう。
そのため走行距離が10万キロ近くの自動車の場合だと、高値で買い取ってもらうことが難しくなってしまいます。
つまり逆に言えば、走行距離が短いほど査定のプラスになり、高値で買い取ってもらうことが可能になるのです。
また、使用年数に合った走行距離であることも査定のポイントとなります。
走行距離は、一年で1万キロが目安といわれています。
いずれ中古で買い取ってもらうことを考えているなら、走行距離を意識しながら乗る必要があるでしょう。
しかし査定額というのは走行距離だけで決定されるものではありません。
ネットで無料見積もりを行ったり、複数の買取業者に査定を依頼して、それぞれ比較してみることが大切です。